トップ 募集要項 採用プロセス 先輩紹介 FAQ エントリー

募集要項

応募対象者

【 2018年度新卒採用 】 2018年度3月に専門・短大・4年生大学及び大学院を卒業(修了)見込の方

採用データ
職種 システムエンジニア、プログラマー
給与 大卒、大学院卒月給23万円(システムエンジニア)
大卒、大学院卒月給21万円(プログラマー)
短大、専門卒月給
4年コース20万円(4年制大学の通信教育卒業者)
3年コース19万円
2年コース18万5000円
1年コース18万円
諸手当 住宅(独身1万円)・家族(5,000円)・役職(5,000円〜15万円)・通勤手当・時間外手当。
地方出身者には借り上げ独身寮有り。
子供手当(3,000円/一子、3人迄で19歳未満であること)
昇給 年1回
賞与 年2回
勤務地 東京都渋谷区渋谷
勤務時間 9:00〜17:45
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、GW、冬季、慶弔、特別
保険 健康・厚生年金保険・雇用・労災
福利厚生 各種社会保険、海外研修毎年実施(全社員)、
独身寮、団体生命保険加入、全国の契約保養所利用可能
主な仕事内容 1.汎用系、オープン系のソフトウェア開発
2.ネットワーク管理サービス
3.システム保守管理サポート
※ここ近年はWebの受託開発を中心にシステム開発を行っています。
募集学科 全学部全学科(文理不問)
採用実績校 香川大学、琉球大学、金沢大学、電気通信大学、青山学院大学、東京理科大学、
早稲田大学、中央大学、法政大学、明治大学、日本大学、千葉工業大学、
東京電機大学、東洋大学、国士舘大学、東京農業大学、東海大学、産能大学、
工学院大学、湘南工科大学、東京情報大学、拓殖大学、流通経済大学、
愛知学園大学、山梨学院大学、国学院大学、帝京科学大学、帝京大学、多摩大学、
中央学院大学、東京工科大学、青森大学、日本文理大学、北海道情報大学、
千葉大学、日本工業大学、広島国際学院大学、横浜市立大学、金沢工業大学、
宇都宮大学
選考方法 筆記試験、適性検査、面接
選考方法

 まず第一に、学校の成績よりも、興味を持った事にどれだけ熱中し、どのように取り組んできたかを評価します。
そのエネルギーがきっと仕事に活きるはずだし、必ず活かされるようにアドバイスをしていくのが先輩・上司・経営者の役割だと思っています。
 もう一つ大切なのがきちんと「自己主張」ができること。 といっても、雄弁である必要は全くありません。
お客様がコンピュータのシステムを導入することで何を解決したいのかをきちんと聞くこと。
その本質を理解し、それを解決する為には、お客様や開発仲間と正しいコミュニケーションをとることが必要なのです。
お互いが自分の考えを「言葉」にして表現し、知恵を出し合いながら開発していくことでエンドユーザーの使い勝手の良い、
効果的なシステムをつくることができるのです。

( 日伸ソフトウェア株式会社  代表取締役   久保田 伸 )

採用計画
  平成24年
(実績)
平成25年
(実績)
平成26年
(実績)
平成27年
(実績)
平成28年
(実績)
平成29年
(実績)
平成30年
(計画)
専門卒 4名 4名 1名 3名 4名 1名 5名
大学卒(大学院卒) 12名 10名 8名 6名 3名 7名 15名
16名 14名 9名 9名 7名 8名 20名
教育制度

当社の教育は3つの柱より成り立っています。

1.新入社員教育
  (1) 内定者の入社前教育 ( 自主研修 )
      開催期間 11月より3月末までで、研修内容はアルゴリズムを主体にした言語教育
  (2) 社会人のマナー教育および会社の諸規則の説明 1〜2日程度の研修
  (3) プログラマ・SEとしての技術教育を4月〜5月の2ヶ月間で研修 ( 社外研修あり )
  (4) 職場配属のOJT研修

2.社員のスキルアップ教育
  情報産業で働く技術者の大多数は仕事を通じて技術を身に付けています。
  この場合、技術が偏りがちになるので、これを防ぐためスキルアップ教育を実施しています。
  (1) 社員を講師にした研修会
      C言語、ネットワーク(Web)、環境設定
  (2) 社外教育機関での研修
      Oracle-Master、CCNA、JAVA等

3.新技術のセミナー等への積極的参加

エントリー